Keenly observing and documenting have been second nature from early on, when armed with my first camera, I went to discover my surroundings.
Most of my professional life in the photographic and printing industry, I was exposed to visual arts, especially to photography and influenced by its masters.

For a while my focus shifted from photographing my world to writing about it in the form of crime stories, but years ago, returning to my roots, I realized the medium of photography suited the goal to share my impressions with people in a way like no other.

I am not bound by conventional categories in photography nor geographically limited. I prefer to work quietly, in the background, sometimes almost invisible, other times developing a friendly bond with the people I photograph. I am less intrigued by the spectacular but more by the ordinary, the small details, the unexpected, the humorous, the human side, as I try to convey in my Kagurazaka body of works.

I am fascinated by the gentle decay of things, natural or man-made, often described by the Japanese expression of wabi sabi, which appeals to my sense of beauty.

For a large part of my work I prefer black & white photography to focus the attention of the viewers on the essentials of the image and to stimulate imagination.
I photograph in color when this provides valuable or indispensable information or when color creates a powerful statement.

初めてカメラを手にした幼い日から、きめ細やかに記録することは、自分の住む世界の発見へと私を導きました。実際、私は人生の多くの時間を写真や印刷業界と共に歩んで来ました。その間、視覚芸術、とりわけ写真に触れ、多くの写真界の巨匠たちの仕事の影響を受けてきました。
一時期ではありますが、私の関心は自分自身の世界を撮影することから犯罪小説を書き上げることにシフトしたこともありましたが、数年前から自分の原点、ルーツに立ち戻りました。写真というメディアこそが、私自身の印象を共有する上で最も適した表現であることに気づかされたからです。

私の作品は写真界のカテゴリーにも、地理的制限にも拘束されません。ただひたすら穏やかに私はその背景に溶け込み、時にはほとんど姿を隠し、写された人々との友好的な絆を促す、そんな写真を私は撮りたいと願っています。
ですから、壮大で仰々しいものより、日常生活の中のささやかな気遣いや思いがけない出来事、ユーモラスで人間的な側面に心惹かれるのです。『神楽坂』をテーマとする一連の作品はそんな想いを伝えてくれるはずです。
もう一つ、深い関心を抱いくテーマは、経年変化によって生じる美、日本の美意識で『侘・寂』と表現される“美の姿”です。

私の作品は見る人がイメージの本質への関心に集中でき、想像力を増幅させるモノクロ作品が大半を占めます。が、色が持つパワフルなメッセージが機能するシーンでは躊躇することなく、カラー撮影も選択しています。